V字回復コラム:
「なぜ、ボブ・ディランは沈黙を続けているのだろうか? 」

皆さんこんにちは!
V字回復コンサルタントの李です。

本日は、コラムをお届けします。

ノーベル賞。

今年も受賞者が発表されました。

毎年、すごいなぁと
何気なく見ているこのニュース。

ところが、今年の受賞者の一人が、
例年とは違った見方を与えてくれました。

与えてくれたのは、ボブ・ディランです。

ノーベル文学賞受賞が決まったことに対して
ボブ・ディランが、沈黙を続けているようです。

この態度に対して、ノーベル賞選考委員長が、
「無礼で傲慢だ」と言ったとメディアが報じました。

沈黙を続けるボブ・ディラン。

怒れる選考委員長。

そして、毎年受賞者の数を数えながら
お国自慢をするマス・メディア。

ボブ・ディランの沈黙をきっかけに、
私自身、考えさせられるものがありました。

果たして、傲慢なのはどっちなのだろうか?

権威が如何ほどのものなのか?

ノーベル賞を受賞したボブ・ディラン、
ノーベル賞を受賞する以前のボブ・ディラン、

彼の歌の素晴らしさに
何か違いがあるのだろうか?と。(特にファンにとって)

なぜ、ボブ・ディランが沈黙を続けているのか、
その真意はわかりません。

そして、今後も沈黙を続けるのかわかりません。

しかし、これを機に私は、
生き方」について改めて考えることができました。

自ら掲げる理念と目標に向けて邁進する生き方。

カネや権威を欲し、世間体に振り回される生き方。

果たして、自分はどう生きるべきか。

たとえ明日、世界が滅亡しようとも今日私はリンゴの木を植える。

マルティン・ルターのこの言葉がふと脳裏をよぎりました。