V字回復の方程式

当社の強み

弊社の強みは、独自開発した「経営改革の方程式™」と、意識改革と組織活性化を得意とした「実践指導」です。

 
弊社はこれまで、代表の李英治が独自開発した経営改革メソッドである「経営改革の方程式™」と、意識改革と組織の活性化を得意とした「実践指導」の強みを生かして、数多くの中小企業をV字回復から事業承継の成功へと導いてきました。

 
本業の儲けを示す「営業利益の最大化」。
そして、会社を支える「人財の育成」。

 
この二つの問題を、劇的に改善するノウハウが経営改革の方程式™です。

 
なぜ、劇的に改善するのか?

 
それは、経営改革の三要素である、「教育」と「システム」と「戦略」を一貫して改善するトータルメソッドだからです。

 
下記の図をご覧ください。
これが、経営改革の方程式™の全体図です。

 
全体図
右上に鋭く伸びたV字ロード上にある、教育、システム、戦略の文字に着目してください。

 
まず、Step1の「教育」を行い人の意識を改革し、次にStep2の「システム」を導入して組織を活性化し、最後にStep3の「戦略」が示す方向へと全社員の力を結集して一点突破すれば、V字回復と永続的発展の実現が可能です。

 
戦略系コンサル、システム系コンサル、教育研修系コンサル。
こうした部分改善しかできない他のコンサルとは一線を画し、戦略とシステムと教育を体系的に整合性を持って一貫指導できる所に弊社の強みがあり、ここに一年で劇的なV字回復を可能にする一つの根拠があります。

 
それだけではありません。

 
経営改革の方程式™は、一年でV字回復に導くだけでなく、二年、三年と企業が永続的に発展していくメソッドに仕上げています。

 
すべての物事に共通していることですが、短期で改善した利益は放って置くと短期で元に戻る危険性をはらんでいます。

 
こうした問題が隠されたコンサル業界の一般的な短期改善手法の限界を超えるべく、中長期的な視点から実践開発を進め、如何に企業の永続的発展を実現すべきか、という永遠の経営テーマに対して出した弊社の答えが経営改革の方程式™です。

 
教育、システム、戦略の内訳にある各メソッド(三つの教育、五つのシステム、三つの戦略)をご覧ください。

 
これらのメソッドを、「教育×システム×戦略」の必勝パターンに基づき、改革初年度、二年目以降、三年目以降と三つのフェーズに分けて導入します。

 
このように、三段ロケット方式で成長軌道に乗せることで、V字回復と企業の永続的発展の実現が可能になるのです。

 

改革初年度 【第一フェーズ】

 
改革初年度の改善テーマは、「一年でV字回復を果たす」です。
下記の図をご覧ください。

 
一年目
経営改革の方程式™の内、改革初年度に導入される各メソッドを総称して「V字回復の方程式™」と呼びます。

 
まず、全社員に「人財教育」を行って意識を改革し、次に「決算賞与制度」を導入して組織を活性化させ、最後に「利益戦略」が示す方向へと一点突破して一年でV字回復を果たします。

 
ポイントは三つ。

 
一つは、全社員を対象に人財教育を実施して意識を改革することから始めるという点。

 
もう一つは、営業利益と連動した決算賞与制度を導入してモチベーションアップを図ると同時に利益意識を根付かせるという点。

 
そして、コストを下げて売上高を上げるという、シンプルな利益戦略に集中して営業利益を最大化するという点です。

 
なお、経営管理のベースとなる「目標管理制度」と「管理会計制度」は、改革初年度に導入して以降、各フェーズに応じて内容を拡充させながら一貫して運用されます。

 

改革二年目以降【第二フェーズ】

 
改革二年目以降のテーマは、「強いリーダーと闘う集団を作る」です。
下記の図をご覧ください。

 
二年目
経営改革の方程式™の内、改革二年目以降に導入される各メソッドを総称して「組織成長の方程式™」と呼びます。

 
改革初年度に果たしたV字回復を確固たるものにすると同時に、更なる飛躍を目指してリーダーの育成と組織改革に着手します。

 
まず、管理者クラスに「リーダー教育」を行い、次に「組織運営制度」を導入して大胆に権限と責任を委譲し、最後に「組織戦略」が示す方向へと組織を最適化して自主自立型の小集団経営を完成させます。

 
ポイントは三つ。

 
一つは、小集団リーダーのリーダーシップと管理と部下育成力を高めて、自分の城は自分で守るという自主自立の社風を根付かせるという点。

 
もう一つは、自立採算制度を導入して権限と責任を大胆に委譲し、小集団リーダーのモチベーションと自覚を高めるという点。

 
そして、選択と集中を行って組織の最適化を図り、組織力を最大限に引き出して更なる増収増益を実現させるという点です。

 

改革三年目以降【第三フェーズ】

 
改革三年目以降のテーマは、「企業の永続的発展を実現する」です。
下記の図をご覧ください。

 
三年目
経営改革の方程式™の内、改革三年目以降に導入される各メソッドを総称して「事業承継の方程式™」と呼びます。

 
この段階まで来れば、目標営業利益の達成に向けて自発的に行動する社風が根付いており、また、実力を備えた強い小集団リーダーが育っています。

 
この者たちに「経営者教育」を施してミニ経営者に育て上げ、次に「人事給与制度」を導入して実力主義の社風を作り出し、最後に「分社戦略」を導入して企業の永続的発展を目指します。

 
ポイントは三つ。

 
一つは、強い小集団リーダーの中から資質ある者を役員に抜擢して経営者教育を施し、ミニ経営者を育てるという点。

 
もう一つは、人事給与制度改革を行って実力主義の社風を作り出し、やる気と能力のある者のモチベーションを限りなく高めるという点。

 
そして、育てたミニ経営者を後継者並びに分社長に据えて分社戦略を展開し、自律的に新しい生命が誕生しては古い生命が消滅して進化を遂げる、ある種の生態系のような企業集団経営を完成して永続的発展を実現するという点です。

 
以上、経営改革の方程式™について説明を行いましたが、最後に弊社の「実践指導のスタンスと信条」について述べます。

 
企業は人なり。

 
この言葉が示すように経営の真ん中には「」が在り、人の成長を通してV字回復と永続的発展を実現させていくのが弊社の指導スタンスです。

 

ご縁を頂いた会社は必ず成功に導く。

 
この言葉を信条として、誠心誠意、経営改革支援に取り組んでおります。

経営相談の資料請求は24時間自動ダイヤルで受付中 TEL 092-260-1556

PAGETOP
Copyright © V字回復コンサルティング株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.