先週の日曜日は、妻の誕生日ということで
二人でオーケストラの演奏会に足を運びました。

 

小林研一郎さんが指揮する九州交響楽団と
ギターリストの朴 葵姫(パク・キュヒ)さんが演奏する
アランフェス協奏曲は大変すばらしかったです。

 

ところで、
以前このブログに書きましたが
去年の43歳にして始めたギター。

 

なかなか上達しませんが
毎日楽しんでおります。

 

21367048_2027490197488181_7513861994011133766_o

 


お写真は当日の様子ですが、
九響フェイスブックページからお借りしたものです。

 

皆さん、こんにちは!
V字回復コンサルタントの李です。

 

前回に引き続き、
店舗会議」の進め方について説明します。

 

(前々回からの続き)

 

残る課題は「受注」です。

 

そこで、ひと休憩いれてから
店舗会議第二部の「営業会議」を行います。

 

参会者は、引き続き店舗の全員です。

 

各営業担当者は、
今月の契約見込みを発表します。

 

店長は、見込み客をAヨミ、Bヨミ、Cヨミに
ランク分け」してホワイトボードにまとめます。

 

次に営業担当者は、今後の対策を発表して
アクションプログラム」に落とし込みます。

 

アクションプログラムとは、
見込み客を契約に向けてランクアップさせていくための
アクション(予定と実績)を記入する行動計画書です。

 

最後に、店長が会議を取りまとめて店舗会議は終了です。

 

店舗会議はここで終了しますが、
その後店長は問題の部下と「個別面談」を行ってください。

 

個別にフォローしなければならない部下は、
どの店舗にも一人はいます。

 

店舗会議ではできなかった個別の問題について、
しっかり話し合って指導します。

 

なお、社長以下役員も
定期的に店舗会議に参加してください。

 

社長自ら現場に赴き方針を伝えるとで、
決定事項が末端社員まで浸透します。

 

私は、これを「現地指導」と呼んでいます。

 

また、社長自ら現場に赴き「三現主義
(現場、現実、現物)を実践する事で、
多くの気づきを得ることができます。

 

それは、会議や書類では分からない貴重な情報です。
この生の情報が経営判断に大変役に立ちます。

 

人気ブログランキングでV字回復コンサルティングは今何位?