タイガーウッズが11年ぶりメジャー制覇してはや1ヵ月。
その時の驚きと感動が忘れられず
いまだ机の横にこの写真を貼っています。

 

201904140000094-w500_24

 

両手を高々と突き上げたV字ガッツポーズ、
何度見ても素晴らしいですね!!

 

皆さん、こんにちは!
経営改革コンサルタントの李です。

 

(前回からの続きです。)

 

損益計算書の仕組みをご理解いただけたところで、
次に、「目標損益計算書(年度目標)」を作成するうえで
特に重要なことについてお話します。

 

目標損益計算書(年度目標)を作成するにあたって
最も重要なのが「その根拠」です。

 

結論から言えば、
必要資金」を根拠に目標損益計算書(年度目標)を作成するのが正しい。

 

必要資金とは、「借入金の返済金額」と「将来への投資金額」です。
この数字をしっかりと計算することが大切です。

 

必要資金から目標営業利益を逆算し、
そこに目標経費をオンして目標粗利益率から逆算し、
目標売上高を算出する。

 

この考え方を「資金発想」と言います。

 

ところが、多くの会社は、必要資金の把握があいまいなまま、
売上高から計算して目標損益計算書(年度目標)を作成しています。

 

よくあるのが売上高前年比○%アップ。
これを、「売上発想」と言います。

 

売上発想と資金発想の一番の違いは「根拠の明確性」です。

 

売上発想で作られた目標売上高の根拠は曖昧で、
突き詰めて問えば問うほど疑問が生じて
納得性に欠けることが露呈します。

 

根拠の納得性が乏しいため、
高い売上高目標を掲げるほど社員の賛同を得ることが難しく、
社長の独りよがりになってしまっているケースが多い。

 

しかし、資金発想で作られた目標損益計算書(年度目標)には、
必要資金」の計算に基づいた明確な根拠が存在します。

 

その為、たとえ高い目標であっても、
V字回復と企業の永続的発展に必要な事だと社員が理解できれば、
目標に向けて一丸となって取り組むことができます。

 

人気ブログランキングでV字回復コンサルティングは今何位?

 

根拠