V字回復の勘所その九十九:
「結果を出せるか否かを左右する重要要素は二つ。経営者の決断力と管理者の実行力、これに尽きます。経営者の市場参入と撤退の決断力、現場の要である管理者のやるべき事を断行する実行力。要は問題を先送りせず、やるべきことを徹底的にやり抜く事が大切です。」

皆さんこんにちは!
V字回復コンサルタントの李です。

本日は、V字回復の最前線をお届けします。

「結果を出せるか否かを左右する重要要素は二つ。経営者の決断力と管理者の実行力、これに尽きます。経営者の市場参入と撤退の決断力、現場の要である管理者のやるべき事を断行する実行力。要は問題を先送りせず、やるべきことを徹底的にやり抜く事が大切です。」

私のお師匠は、
全国の主要都市と中規模地方都市に拠点を展開し、
一代で大手コンサルティング会社を築き上げた稀代の経営者でした。

時流を先読みして市場のニーズを捉えるや否や
次々と拠点を展開しながら大胆に人材を採用し、
経営者感覚を持つリーダーを育成して会社を安定成長させていきました。

また、毎年新しいアイディアを持ち込んでは社内改革を断行し、
更には人事における選択と集中を繰り返して実力主義を徹底させていきました。

やる気のある者には、
大胆に権限と責任を委譲してどんどんやらせます。

新規出店や新規事業の立ち上げも早いが、
失敗と判断するや否や撤退するのも早い。

これが成長企業を作り出す経営者のあるべき姿であると、
身をもって学んだものです。

振り回される側の人間か、
或いは振り回す側の人間か。

お師匠の決断力とパワーの前に、
いつも社員たちは振り回されっぱなしでした。

このようなスピード感ある決断力と
強烈な目標達成意識に基づいた実行力によって

地方の小さな会計事務所が
わずか数年で全国規模の大手コンサルタントファームへと変貌したのでした。

ところが、
利益と人の問題で苦しむ多くの会社を見るとこれとは真逆で、

社長の意思決定は遅く決断力に欠け、
目標達成意識は極めて低く、
できない理由ばかりを述べているケースが極めて多い。

特に、後継者がご息子の場合や
年功序列でなったサラリーマン社長の場合は、

自らの体裁と体制維持に固執し、
権限と責任を社長に集中させて大きな本社を作りたがります。

これでは会社が良くなるわけがありません。

利益と人の問題に苦しむ社長や後継者に共通する悩みは、
集約すれば以下の三つです。

1.何をしたらよいかわからない

2.どうすればいいか分からない

3.やれる自信がない

この三つの悩みを解決するために作られたメソッドが
V字回復の方程式™でありV字回復経営者塾です。

V字回復の方程式™は、

組織を闘う集団に変えて
営業利益を最大限にアップさせると共に、

経営者感覚を持った
真のリーダーを育てるため、

何をどのタイミングで
どのようにすればよいかを詳細にまとめた
各種シート付の冊子マニュアルです。

V字回復経営者塾はこのメソッドをマスターするための
経営者向けの研修プログラムです。

これらの具体的な内容については、
弊社が毎月行っている経営セミナーにて説明しています。
(セミナータイトルに左右されない基本内容として)
↓↓↓
V字回復経営セミナーシリーズ(直近セミナーのご案内)

心の奥底に抱える上記三つの悩みを解決し、
明るい未来を切り開かんとする社長及び役員そして後継者の皆様。

ご参加をお待ちしております。